[メモ] IP アドレスの正規表現

IP アドレス表記の正規表現をメモ。

IPv6 の正規表現
IPv4 の正規表現
IPv4 の正規表現 (数字の頭の 0 を許容)

いずれの正規表現も、対象の IP アドレスと地の文字列の区切りを考慮しないので、単語の区切りにマッチするメタキャラクタと併用して使うことを期待している。

一例を挙げれば、2 つめの「IP v4 の正規表現」をそのまま用いると "192.168.1.260" のような IPv4 として不正な文字列ともマッチする。
これは文字列の先頭から順に正規表現にマッチする "192.168.1.26" までを比較したところで、それに続く文字列を無視して比較を終えるためだ。

関連記事

「[メモ] IP アドレスの正規表現」への2件のフィードバック

  1. V6のパターンを探してここに来ましたが

    IPv4 の正規表現
    192.168.11.44
    がマッチしない

    IPv4 の正規表現 (数字の頭の 0 を許容)
    999.999.999.999
    がマッチする

    が、残念な感じだったので。

コメントを残す