コミュファ光を契約して IPv6 を使おうとしたら意外と面倒だった

先日、インターネット接続回線をコミュファ光にした。
契約したのはコミュファ光「ホーム 1 ギガ」だ。
それまでは足回りにフレッツ光プレミアムを、インターネット接続プロバイダーに ASAHI ネットを使っていた。
変更した理由は、回線速度と IPv6 だ。

もっとも回線速度は端末レベルで上り下りとも 100Mbps を下回っており、期待通りとはとても言いがたい。
HUB とか LAN ケーブルとかを交換すればもう少し向上するのかもしれないが、今のところは不満というほどではないのでよしとしておく。

それはさておき、コミュファ光に切り替えたことで予想もしなかった問題がおこり、筆者の環境では致命的だった。

コミュファ光「ホーム 1 ギガ」を契約すると、光終端装置とホーム ゲートウェイ (HGW) が貸与される。
筆者の場合は光テレビも併せて契約したので、加えて映像用回線終端装置も貸与され、全部で 3 台の箱が光ケーブルの端に数珠つなぎにつながっている。
この HGW にはブロードバンド ルーター機能が内蔵されており、他にブロードバンド ルーターを用意しなくてもいいことになっている。
また、予めプロバイダーに接続するための設定もされている。というかこの部分の設定は触れないようになっている。
過去には光終端装置の先に、自前のブロードバンド ルーターを接続する形態のサービスもあったようだが、今はホーム ゲートウェイ (HGW) が貸与されるタイプだけのようだ。

この HGW は、一般家庭で、ただ単にインターネットに接続できればいいというような用途であれば、十分な性能、機能でなんの不満もなさそうだ。
しかし、内蔵の WiFi アクセス ポイントの規格が IEEE802.11 b/g/n だけで IEEE802.11a がないなど、筆者の考えからするとまるで物足りない機能しかない。
それに加えて、予想していなかった致命的な問題も抱えていた。

それは、PC が参照する DNS サーバーに関する機能だ。

筆者の環境では Windows の Active Directory を使っており、各端末に対しては DHCP で IPv4 のアドレスを割り当てている。
DNS サーバーの IP アドレスも DHCP を使って Active Directory の DNS を割り当てるようにしている。

しかし、コミュファ光の HGW をネットワークに組み入れると、何故か HGW の IPv6 アドレスが参照先の DNS サーバーとして PC に追加されてしまう。
これによって、DHCP で割り当てた Active Directory の DNS よりも、HGW の IPv6 アドレスが優先的に使われるようになってしまう。
結果として、Active Directory に登録しているローカル環境のサーバーの名前解決ができず、サーバーに接続できない。

これは多分、HGW で DHCPv6 が動作しており、そこから DNS サーバーのアドレスが割り当てられているのが原因ではないかと推測している。
そうであるなら、HGW の DHCPv6 で割り当てている DNS サーバーのアドレスを Active Directory のものに変更するか、思い切って HGW の DHCPv6 を停止すればいいはずだ。

しかし残念なことに、HGW には DHCPv6 に関する設定項目はどこにも存在しない。
あるのは DHCPv4 に関する設定だけだ。
そして DHCPv4 の設定ですら、DNS サーバーのアドレスを指定する項目がなく、必ず HGW のアドレスが割り当てられることになっている。
もちろん筆者の環境では Active Directory 配下で DHCP サーバーを動かしているので、HGW の DHCPv4 は予め停止してある。
IPv6 を使わなければ、HGW の DHCPv4 を止めることで、何の問題もなくなる。
しかし、コミュファ光にした目的の一つが IPv6 である以上、それでは何の意味もない。

当然だが、コミュファ光のサポート センターに HGW の DHCPv6 を停止する方法を問い合わせたのは言うまでもない。
また HGW を市販されているブロードバンド ルーターに置き換えることが可能かとも問い合わせた。
しかしいずれも不可能という回答だった。
結局は、コミュファ光はローカル環境で DNS サーバーを立てるような使い方を、まるで想定していないということがはっきりしただけだった。

しかし、これで納得するわけにはいかない。

色々と試行錯誤した結果、HGW の下 (LAN 側に) に IPv6 の Proxy RA をサポートしたブロードバンド ルーターを置けば、なんとかなりそうだということとがわかった。
最終的には YAMAHA の RTX810 を購入して十分に納得できるだけの環境が構築できたので、次の記事でそのことについて書くことにする。

コメントを残す