Windows Server 2012 (Server Core, Hyper-V Server 2012) をリモート管理したいのに

先々回の記事と、先回の記事で Windows Server 2012 を Server Core インストール (実際には Hyper-V Server 2012 をインストール) したときに、適切に設定したはずなのに Windows 8 のサーバー マネージャでリモート管理ができないと書いた。
Windows Server 2008 R2 のときと同様に、Windows Server 2012 で sconfig ユーティリティを使ってリモート管理を有効にしてあるにも関わらずだ。
どうも Windows Server 2012 の sconfig ユーティリティは、ファイアウォールの規則までは調整してくれないようだ。

sconfig でリモート管理を有効にした

とりあえず、Windows Server 2012 (実際には Hyper-V Server 2012) のファイアウォールを無効にして、リモートからサーバー マネージャーで管理できるようにはした。
そして、サーバー マネージャーでファイアウォールの設定状況を確認しようとしたところ、どこにもそのエントリが無いことに気付いた。

Windows 7 のサーバー マネージャーで Windows Server 2008 R2 にリモート接続したときは、「セキュリティが強化された Windows ファイアウォール」のエントリが「構成」カテゴリの下にある。
しかし、Windows 8 のサーバー マネージャーで Windows Server 2012 (Hyper-V Server 2012) に接続したときは、「セキュリティが強化された Windows ファイアウォール」のエントリはどこにも存在しない。

Windows 7 で Windows Server 2008 R2 にリモート接続したときは、セキュリティが強化されたファイアウォールのエントリがある
Windows 8 で Hyper-V Server 2012 にリモート接続したときは、セキュリティが強化されたファイアウォールのエントリが見あたらない

接続した Windows Server 2012 を右クリックすると表示されるコンテンツ メニューにも、サーバー マネージャーの上部にある管理メニューにも無い。

サーバーを選んで右クリックして表示するコンテンツ メニュー

サーバー マネージャーの上部ツール メニューには「セキュリティが強化された Windows ファイアウォール」のエントリがあるが、これをクリックしても起動するのは Windows 8 自身のファイアウォールを管理する MMC だけで、リモート サーバーは管理できない。

関連記事

コメントを残す