Windows Server 2008 R2 Server Core でちょっと便利なツール (Core Configurator)

前々回の記事で Windows Server 2008 R2 を Server Core でインストールしたときに最初に行う設定について書き、前回の記事で Server Core で使うのにちょっと便利なツールのひとつ Visual Core Configurator 2008 を紹介した。
今回はそれと別にもうひとつ Core Configurator を紹介する。

Core Configurator も、Server Core でインストールされた Windows Server 2008 の構成を GUI で手軽に行えるようにするものだが、先に紹介した Visual Core Configurator 2008 に比べれば、もう一歩だけ踏み込んだ構成が行える。

Core Configurator Main Screen

Core Configurator では、Visual Core Configurator 2008 ではできなかった、役割や機能の追加や削除、Active Directory のドメインコントローラーへの昇格・降格などができる。
しかし、イベント ビューアーでイベントを確認したり、エクスプローラーのようなファイル・フォルダー表示といったことはできない。
また、Windows の仕様の所為で、Core Configurator のソースを一部修正しないと日本語版の Windows Server 2008 では正しく動作しない機能がある。

Core Configurator は、Microsoft の支援を受けて運営されているオープンソース ソフトウェアの共同開発サイトである「CodePlex」という Web サイトの、「Core Configurator 2.0 (Windows Server 2008 R2)」で公開されている。
Web ブラウザーで「Core Configurator 2.0 (Windows Server 2008 R2)」のページを表示したら、ページの右側にある「Download」をクリックする。
使用許諾が表示されるので、「I Agree」ボタンをクリックすると、自動的にダウンロードが開始される。
ここでダウンロードできるファイルは ISO 形式になる。

Web Page of Core Configurator
Agreement of Core Configrator

ISO 形式のファイルに含まれるファイルと全く同じものが ZIP 形式でも提供されているので、ZIP 形式をダウンロードしたいときは「Core Configurator 2.0 (Windows Server 2008 R2)」のページの右側の「Download」の少し下にある「View all downloads」をクリックすして、ダウンロード可能なファイルの一覧のページを表示させる。
このぺーじには Recommended Download として ISO 形式のファイルが、Other Available Downloads として ZIP 形式のファイル (Web ページで ISO と書かれていない方) がダウンロードできる。

All downloads of Core Configurator

どちらのリンクをクリックしても、使用許諾が表示されるので、上と同様に「I Agree」ボタンをクリックしてダウンロードする。

ここでは Hyper-V の仮想マシンのゲスト OS に Server Core でインストールした Windows Server 2008 で使うことを考えているため、ISO 形式のファイルをダウンロードする。

Core Configurator の ISO 形式のファイル (本記事時点のファイル名は CoreConfig.iso) をダウンロードしたら、Hyper-V のホスト OS の適当なフォルダーにコピーしてから仮想マシンのゲスト OS の DVD ドライブにマウントする。
次に、マウントした DVD ドライブから、その中に含まれているファイルを適当なフォルダー、ここでは C:Program FilesCoreConfig フォルダーを作成して、そこにコピーする。
DVD ドライブが D: ドライブだとすると、以下のようなコマンドを実行すればいい。

最後の setx ... を実行することでコピーしたフォルダーにパスを通して、Core Configurator の起動が楽にできるようにしている。

こうすることで、Core Configurator を起動するときに、フォルダー名を付けずに start_coreconfig と入力して Enter を押すだけで済むようになる。

Core Configrator の起動ファイルは Start_Coreconfig.wsf という名前のスクリプト ファイル (記述言語は VB Script) だ。

start_coreconfig を実行すると、新たなコマンド プロンプトのウィンドウが表示され、一呼吸置いたころ Core Configurator が表示される。

最初に開いたコマンド プロンプトのウィンドウは Start_Coreconfig.wsf スクリプトが動作するウィンドウなので、決して閉じたりしてはいけない。

これを閉じると Core Configurator そのものも閉じてしまう。

Starting Core Configurator

また、初めて Core Configurator を起動したときは、「Customer Experience Improvement Program」というタイトルのダイアログが表示される。

これは「カスタマー エクスペリエンス向上プログラム」の名称で、最近のマイクロソフト製品のほとんどに付加されているものだ。

Customer Experience Improvement Program Dialog

このダイアログで「Accept」ボタンをクリックすれば、Core Configurator の使用状況や使用中に起こった問題に関する情報などが、開発元であるマイクロソフトに送られるようになる。

マイクロソフトに送られる情報には個人を特定するものは含まれないとなっているが、不安がぬぐえない、気にくわないなど、とにかく情報を送信したくないということなら、遠慮無く「Decline」ボタンをクリックすればいい。

「Accept」、「Decline」のどちらのボタンをクリックしても、Core Configurator の動作に何ら影響は及ばない。

Core Configurator を使い始めてから、この、「Customer Experience Improvement Program」の参加状態を変えたいときは、Core Configurator の [Help – Customer Experience Improvement Program] メニューを実行すれば、いつでも再びこのダイアログを表示して「Accept」、「Decline」を選択し直せる。

Open Customer Experience Improvement Program Dialog

ところで、Core Configurator には、「Computer Settings..」のサブ ウィンドウにある Role and Futures の「Add or Remove Roles..」や Services の「Services..」を実行すると役割やサービスが表示されるはずの欄に何も表示されないという不具合がある。

Role Setting Menu with Fault
Services Menu with Fault

これらの不具合で、役割の構成 (「Add or Remove Roles..」で表示される「Role Setting」ダイアログ) の方は、OS から役割の一覧を得るための条件文字列が、Windows の英語版と日本語版で異なっているのが原因だ。

サービス (「Services..」で表示される「Services」ダイアログ) の方はと、Core Configurator の当該機能を実現するスクリプト ファイルにゴミが混じっているのが原因だ。

修正方法は、「たんたか | 開発・システム管理関連の備忘録(当時の Web ページは消滅。レイアウトは崩れるが Web アーカイブに痕跡あり)の Web サイトの「Core Configurator 2.0 を使う(当時の Web ページは消滅。レイアウトは崩れるが Web アーカイブに痕跡あり) に記載されている。

具体的には Core Configurator のフォルダーにある Role.ps1 と Services.ps1 の二つのファイルを修正すればいい。

拡張子から分かるようにどちらも PowerShell のスクリプト ファイルだ。

修正箇所はそれぞれ以下の通りだ。

Rorles.ps1 の方の修正には 2 Byte 文字が含まれるので、保存するときに文字コードが Shift-JIS (CP932) になるように保存しておかないと正しく修正されたことにならない。

とりあえずは、Server Core としてインストールした Windows Server 2008 R2 上ででメモ帳 (notepad.exe) を使って編集したときは、無事に Shift-JIS (CP932) で保存された。

だが、メモ帳 (notepad.exe) で保存すれば常にそのようになるのか、それとも偶然うまくいったのかはよく分かっていない。

Corrected Role Setting Menu
Corrected Services Menu

コメントを残す