Windows Server 2008 R2 Server Core でちょっと便利なツール (Visual Core Configurator 2008)

前の記事で Windows Server 2008 R2 を Server Core でインストールしたときに最初に行う設定について書いた。
続いてちょっと便利なツールを二つほどインストールしておく。
Visual Core Configurator 2008 と Core Configurator というツールだ。

まずは Visual Core Configurator 2008 をインストールする。

これを使えば Server Core でインストールされた Windows Server 2008 の構成を GUI で手軽に行えるようになる。

Main menu of Visual Core Configure 2008

ただし、マルチバイト文字への対応が不十分であり、「Event Viewer」では日本語が文字化けしてしまいイベントの内容が確認できなかったりする。
また、メニューの階層の最下位の名称をそのままアイコンの名称にしているため、[System - Show Network Information - IP Configration] メニューに対応するアイコンの名称が「IP Configration」に、[System - Network Manager] メニューに対応するアイコンの名称が「Network Manager」にというように、アイコンの名称だけからやりたいことを探そうとすると少々分かり難く思える。
「Windows Explorer 」([tools - Windows Explorer]) も名前だけをみると、フル インストールした Windows のエクスプローラーのように思えるが、フォルダー階層の確認とフォルダー名の変更だけしかできない。

このように物足りない面が多少なりともあるが、それでも便利なツールであることに違いはない。

Visual Core Configurator2008 は「CtxAdmTools」という Web サイトの「Visual Core Configurator 2008 on Windows 2008 R2」で公開されている。
Web ブラウザーで「Visual Core Configurator 2008 on Windows 2008 R2」を表示したら、ページの下部中央付近にある「Download」の文字をクリックして、ダウンロード ページを表示させる。

Download Page of Visual Core Configurator 2008

「Download」の文字の更に下にある Download icom of PDF Reader of  Download Page of Visual Core Configurator 2008 をクリックしてはいけない。
Download icom of PDF Reader of  Download Page of Visual Core Configurator 2008 をクリックすると PDF Reader をダウンロードさせられてしまう。

表示されたページには、Visual Core Configurator 2008 の新旧バージョンが新しい順に並んでいる。
入手したいバージョンは最新のものであることがほとんどなので、一番上に掲載されているものをダウンロードすればいい。

Visual Core Configurator 2008 Download list

Visual Core Configurator 2008 は二種類のファイル形式で提供されている。
ひとつは ISO 形式のファイル、もうひとつは ZIP 形式のファイル (Web ぺーじには .EXE file と記されている) だ。
どちらをダウンロードしても内容に違いはない。
ダウンロードした後に、その中に含まれているファイルを適当なフォルダーにコピーするだけだ。

ここでは Hyper-V の仮想マシンのゲスト OS に Server Core でインストールした Windows Server 2008 で使うことを考えているため、ISO 形式のファイルをダウンロードする。

Visual Core Configurator 2008 の ISO 形式のファイル (本記事時点のファイル名は VisualCore2008 v1.1.275_BETA_2_REFRESH.iso) をダウンロードしたら、Hyper-V のホスト OS の適当なフォルダーにコピーしてから仮想マシンのゲスト OS の DVD ドライブにマウントする。
次に、マウントした DVD ドライブから、その中に含まれているファイルを適当なフォルダー、ここでは C:Program FilesVisualCore2008 フォルダーを作成して、そこにコピーする。
DVD ドライブが D: ドライブだとすると、以下のようなコマンドを実行すればいい。

最後の setx ... を実行することでコピーしたフォルダーにパスを通して、Visual Core Configurator 2008 の起動が楽にできるようにしている。
こうすることで、Visual Core Configurator 2008 を起動するときに、フォルダー名を付けずに visualcore2008 と入力して Enter を押すだけで済むようになる。

関連記事

コメントを残す