Windows Server 2008 R2 Server Core の設定

Hyper-V のゲスト OS に Windows Server 2008 R2 を Server Core としてインストールした。
Server Core は、CPU とメモリの負担が抑えられている代わりに、設定作業が何かと面倒になる。
Windows の設計思想が当初から GUI  指向であったことが、Server Core での設定作業の煩わしさの原因なのは分かっているが、もう少し何とかならないものだろうか。

Windows Server 2008 R2 を Hyper-V のゲスト OS としてインストールしたら、最初にやることは Hyper-V の統合サービスのインストールだ。
Hyper-V マネージャーで仮想マシン接続ツールを開き、Windows Server 2008 R2 Server Core のコンソールを表示したら、仮想マシン接続ツールの [操作 - 統合サービス セットアップ ディスクの挿入] メニューを実行する。

Insert Setup disk for Integration Services

Windows Server 2008 R2 をフル インストールしていれば、ここで統合サービスのインストーラーが自動起動してくるところだが、Server Core でインストールしてあるために自動起動が無効になっており、インストーラーを明示的に実行してやらなくてはならない。
実行するファイル名は、仮想マシンの DVD ドライブが D: だとすると D:supportx86setup.exe になる。
仮想マシンにインストールした OS が 64bit 版であっても、適宜判定して適切な統合サービスをインストールしてくれるはずだが、もしかすると D:supportamd64setup.exe を実行すべきかもしれない (確認していない。)
このファイル名はもしかするとバージョンによって変わる可能性もある。
そのときは type D:autorun.inf として、 を実行して、 open=... の行を参考にする。

上記ファイルを実行すると、普通に統合サービスをインストールするのと同様のダイアログが表示されるので、後はそれに従ってインストールすればいい。
統合サービスのインストールが終わると、やはり再起動が促されるので再起動しておく。

Hyper-V の仮想マシンにインストールしたゲスト OS ならではの作業は以上だ。
統合サービスのインストールが終わったら、仮想マシン接続ツールで [メディア – DVD ドライブ - 取り出し] メニューを実行して、仮想マシンの DVD ドライブにマウントされたままになっている統合サービスの DVD イメージ (ISO ファイル) のマウントを解除しておこう。

さて、ここからは仮想マシンでもスタンド アローンでも同じ作業になる。

Windows Server 2008 R2 にログオンして start sconfig を実行して、サーバー構成ツールを表示する。
start を付けずに sconfig だけを実行してもいいが、今開いている唯一のコマンド ウィンドウにサーバー構成ツールが表示されてしまい、何か他の作業をしようと思ったときに Ctrl+Alt+Del を押してセキュリティ スクリーンからタスクマネージャーを起動し、そこから新しいタスクを起動するという煩わしい手間が生じてしまう。
start を付けて start sconfig とすれば、サーバー構成ツールの為に新たなウィンドウが開くので、何か他の作業をしたくなったときでも元のウィンドウから直ぐに実行できて楽だと思う。

Menu of SConfig

サーバー構成ツールでは、基本的に 1 から順番に実行していけばいい。
ただし、Windows Server 2008 R2 を接続したネットワークが DHCP で IP アドレスが割り当てられるように構成されていないのならば、8 の「ネットワーク設定」を最初に行うべきだろう。
なお、見れば直ぐに分かることだが、10 の「ユーザーのログオフ」と 11 の「サーバーの再起動」は、必要になったときにだけ実行するようにしよう。

サーバー構成ツールの 4 の「リモート管理の構成」には更に 1 から 4 までのサブメニューがあるが、これも 1 から順に実行すればいい。

Menu when Select Remote Management Configuration

4 の 2 の「Windows PowerShell を有効にする」を実行すると、再起動が要求されるので注意して欲しい。
最初に表示される項目の 6 の「更新プログラムのダウンロードとインストール」でも、インストールされる更新プログラムによっては再起動要求が数回ほどあるかも知れない。

サーバー構成ツールの 4 の「リモート管理の構成」と 7 の「リモート デスクトップ」で、それぞれの項目を許可・有効にしてしまえば、この Windows Server 2008 R2 をリモートから管理できるようになる。

コメントを残す