WordPress の高速化 – その1 (XCache の導入)

PHP で書かれた Web ページを手軽に高速化する方法に、PHP アクセラレーターというものがある。 
いくつもの種類の PHP アクセラレーターがあり、複数を組み合わせて使用することもできるらしい。
今回はこれらの PHP アクセラレーターの内の XCache というものをインストールする。

実際のところ当サイト自体が、決して快適に閲覧できるとは言い難いものがあるので、XCache を入れることで少しでも改善したいという思惑がある。

XCache は公式 Web サイト (英文) から入手できる。

公式 Web サイトのトップページ右側にあるメニューの「Download」の項の「Stable Releases」を開くと、「ReleaseArchive」のページが表示される。

Top page of XCache site Archive page of XCache site

「ReleaseArchive」のページには大きなバージョンから順に記載されており、書くバージョン毎に状態 (status)、簡単な説明 (description)、細かなバージョン (released version) が書かれている。
ここに記されたバージョンの中で、状態 (sutatus) が安定 (stable) で、使用している PHP のバージョンに対応していて、バージョンがもっとも大きなものを団ロードしたい。
当サイトが使用している php のバージョンは5.3 であるので、「ReleaseArchive」のページに記された中でもっとも大きなバージョン (1.3.x) で大丈夫だろう。
更に言えば、現時点では 1.3.0 が最適だと言えるだろう。

XCache の 1.3.0 は、「XCache 1.3.0」と記されたリンクを開いて表示される XCache 1.3.0 のリリースページから入手する。

Archives Page of XCache site with link target Release page at XCache 1.3.0

XCache 1.3.0 のリリースページの中の「Downloads」セクションを見ると、そこに「Source」と「prebuild binaries for Windows」の文字が見られる。
当サイトは周知の通り、現時点では Windows の上で動作している。
このため XCache も当然 Windows 用を使用することになる。
そして Windows で開発 (コンパイル) 環境を整えるのはとても煩わしいために、バイナリ版を入手するのが一般的だ。
当然ながら、XCache もバイナリ版を入手したい。

そこで、XCache 1.3.0 のリリースページの「Downloads」セクションの「prebuild binaries for Windows」の節のすぐ下にある「release directory」のリンクを開く。

Release page at XCache 1.3.0 with link target Release directory for XCache 1.3.0

「release directory」のリンクを開くと、「Index of /pub/Releases/1.3.0/」というページが表示される。
このページには、Windows 用にコンパイルされた XCache 1.3.0 (とそのソースコード) が全て一覧されている。
この中から必要なものをダウンロードすればいいのだが、果たしてどれをダウンロードしたらいいのだろうか。

自分が使っている PHP をダウンロードしたとき、どのファイルをダウンロードしたかを思い出せれば、これはすぐに分かる。
今ならば php-5.3.6-Win32-VC9-x86.zip (またはphp-5.3.6-Win32-VC9-x86.msi) か php-5.3.6-nts-Win32-VC9-x86.zip (または php-5.3.6-nts-Win32-VC9-x86.msi) の何れかだろう。
もしかすると php-5.2.17-Win32-VC6-x86.zip (またはphp-5.2.17-Win32-VC6-x86.msi) か php-5.2.17-nts-Win32-VC6-x86.zip (または php-5.2.17-nts-Win32-VC6-x86.msi) かもしれないし、もっと古いバージョンかもしれない。

何れのバージョンにせよ、ダウンロードした PHP のファイル名が分かれば、その頭に 'xcache-1.3.0-' を付け、拡張子を '.zip' にしたものが、ダウンロードしたいファイル名になる。
PHP のファイル名が php-5.3.6-Win32-VC9-x86.zip なら、ダウンロードする XCache のファイル名は xcache-1.3.0-php-5.3.6-Win32-VC9-x86.zip になる。

実際には PHP のバージョン 5.3.6 用の XCache は無いため、それよりも小さいバージョンの中で最も大きい xcache-1.3.0-php-5.3.0-Win32-VC9-x86.zip をダウンロードする。

Release directory for XCache 1.3.0 with link target

XCache-1.3.0-php-5.3.0-Win32-VC9-x86.zip をダウンロードしたら、これを解凍、展開する。
解凍、展開すると Release_TS フォルダーとその中にいくつかのフォルダー、ファイルが作成される。
この中で最小減必要なのは Release_TSphp_xcache.dll と Release_TSxcache.ini の二つのファイルくらいだろう。
これら以外では、Release_TSadmin フォルダー (とそこに含まれるファイル) および Release_TScoverager フォルダー (とそこに含まれるファイル) を必要に応じて使う可能性がある程度だ。
それ以外のファイルについても、その内容を確認しておくのは望ましいのはいうまでもない。

Release_TSphp_xcache.dll を PHP をインストールしたフォルダーにある .ext フォルダー (正確には php.ini ファイルの中の extension_dir エントリで指定されているフォルダー) にコピーする。
続いて、php.ini ファイルの内容を編集する。

php.ini ファイルには extension エントリが多量に並んだ箇所があるので、その最後にでも extension=php_xcache.dll の一行を追加する。 
そして、Release_TSxcache.ini ファイルの内容を php.ini の最後に書き加える。
なおこの書き加えるときには、xcache-common セクションに書かれている zend_extension = … の行と extension=… の行は、全て行頭に‘;’を挿入してコメント行にしておかなくてはならない。
これは、extension=php_xcache.dll を先に書いてので、それとダブらない様にするためだ。
これ以外のエントリについてはそのままでも特に問題はない (最良のパフォーマンスを得るには、Release_TSadmin フォルダーや Release_TScoverager フォルダーを使って、細かく調整する必要があるのだが、ここでは触れないでおく)。

php.ini ファイルを編集して保存したら、Web サーバー (当サイトでは IIS) を再起動して変更を反映させる。
最後アクセスできる適当なフォルダに以下の内容の phpinfo.php ファイルを置き、これに Web ブラウザを使ってアクセスする。

以下のような表示 (XCache の項目) がされれば正しくインストールされたことが確認できる。
確認できれば phpinfo.php ファイルは削除しておく方が良いだろう

phpinfo enabled xcache

さて、改めて当 Web サイトにアクセスしてみると、
早くなったような気が........ 余りしないが、それでも今までよりは若干益しな気もするので、まぁ良しとしておこう。

コメントを残す