DNSルートサーバのIPアドレスが変更になる

既にアナウンスがなされているので、ご存じの方も多いでしょうが、2007.11月1日にDNSのルートサーバのひとつ L.root-servers.net のIPアドレスが変更になります DNSサーバを運用している方は、この変更をきちんと適用しておきましょう ルートサーバ自体は全部で13あるので、その内のひとつが間違っているからといって、すぐに問題が発生することはないでしょう しかし、確率的には13分の1の割合で、ルートサーバに繋がらない事態になります このため、L.root-servers.net のIPアドレスを変更せず、そのまま放っておくと「時々、ドメイン名の正(逆)引きができない」といった現象に悩まされるのは間違いありません とりあえず、今回のIPアドレス変更から、少なくとも半年間は今のIPアドレスでもルートサーバが運用されます ですから、11月1日から半年の間に変更を適用すれば大丈夫です しかし、通常は変更するような箇所ではないだけに、うっかりこれを忘れていたりすると、問題が起こったときに、原因に辿り着くまでにどれだけ困難かは想像に難くありません
L.root-servers.net
(旧) 198.32.64.12 -> (新) 199.7.83.42

コメントを残す