ゲスト OS (Windows Web Server 2008 R2) をインストールしたところで… [Install Maniax 3]

先に書いた記事でようやくゲスト OS のインストールができた。
急いで IIS を追加して、インストールマニアックス 3 の課題をこなすことにしよう。
…と思ったの束の間、何故かゲスト OS が Server Core でインストールされていることに気がついた。

Full Install に比べて Server Core の方が消費するリソースが少なくて済むため、今回のように Hyper-V  上の仮想マシンで動かすには都合がいいのは確かだ。
しかし、その代わりと言っては何だが、グラフィカルなユーザーインターフェースがバッサリと割愛されており、作業をするには何かと煩わしいのも確かだ。
このため、個人的には Server Core は余り好きでなく、状況が許すのであれば Full Install を選ぶようにしている。

今回、Server Core をインストールしたのは、本当に単なる間違いであり、Windows Web Server 2008 R2 のインストール途中に表示される OS の選択の際に手が滑ったことに気付かなかっただけのことだ。 orz.

もっとも、まだ OS をインストールしただけでそれ以外に何もインストール、設定していないので、再度 OS をインストールしなおせば済むだけのことだが、良い機会なのでこのまま Server Core で先に進めることにしよう。

さて、Windows Web Server 2008 R2 を Full Install でインストールすると、インストール後の最初のログオンで「初期構成タスク」が表示されるが、Server Core にはこんな便利な表示はないし、「初期構成タスク」を表示させることもできない。

しかしこの「初期構成タスク」に代わるコマンドが 2008 R2 からは提供されている。
SConfig (%SystemRoot%System32sconfig.cmd) コマンドがそれだ。
起動するには、Server Core にログオンしたときから表示されているコマンドプロンプトで、「start sconfig」と入力して実行するだけだ (start をつけないと、コマンドプロンプトが SConfig に占有されてしまうため、使い勝手が悪い)。
なお、Hyper-V Server 2008 R2 も Server Core であり、ログオンすると自動的に SConfig が起動するようになっているが、Windows Web Server 2008 R2 ではSConfig は明示的に起動しなくてはならない。

初期構成タスク image

このふたつを比較すればわかるように、SConfig でも「ライセンス認証」と「役割の追加」、「機能の追加」以外は、ほぼ同等のことができるようになっている。

Server Core で「ライセンス認証」を行うには SLMgr (%SystemRoot%System32slmgr.vbs) コマンドを、「役割の追加」と「機能の追加」は OCSetup (%SystemRoot%System32ocsetup.exe) コマンドと PKGMgr(%SystemRoot%System32PkgMgr.exe) コマンドを組み合わせて行う。

コメントを残す