ホスト OS に若干の設定を追加 [Install Maniax 3]

先に書いた「ホスト OS のインストール (その1)」、「ホスト OS のインストール (その2)」にあるように、ホスト OS — Hyper-V Server 2008 R2 のインストールも済み、これをリモートから操作するための設定も終わった。

ここまでできたら、次はいよいよゲスト OS のインストールである。


といいたいところだが、このままではゲスト OS のインストールメディアの扱いが煩わしいままになる。
OS のインストールメディアは、一般に CD / DVD-ROM などで提供されることが多い。
Hyper-V でゲスト OS をインストールする際も、普通に OS をインストールするように CD / DVD トレイに、このインストールメディア (CD / DVD-ROM など) を挿入する方法と、CD / DVD-ROM などの中身をそのままファイルにした iso ファイルを使う方法がある。

インストールマニアックス 3 で使う Windows Web Server 2008 R2 は DVD-ROM で提供されているので、今回はそれを DVD トレイに挿入してインストールすれば何の問題も無い。
しかし、今後のことを考えると iso ファイルを使う方法でもゲスト OS のインストールがしやすいように、ホスト OS Hyper-V Server 2008 R2 をインストールしたコンピューター) で共有フォルダを作っておく。

まずは、クライアント PC で管理ツールから「コンピューターの管理」を実行する。
すると当然の如くローカルコンピューターに対するものが表示される。

「コンピューターの管理」

ここで左側のペインの一番上に書かれている [コンピューターの管理 (ローカル)] をマウスで右クリックする。
そして開かれるコンテンツメニューで「別のコンピューターへ接続(C)…」を実行する (または、右側のペインの [コンピューターの管理 (ローカル)] のしたにある [すべての操作] をクリックして表示されるサブメニューから「別のコンピューターへ接続(C)…」を実行してもよい)。

「コンピューターの管理」で [コンピューターの管理 (ローカル)] を右クリック 「コンピューターの管理」で [その他の操作] をクリック

「コンピューターへの接続」ダイアログが表示されたら [別のコンピューター(A)] 欄にホスト OS のコンピューター名か IP アドレスを入力して [OK] ボタンをクリックする。

「コンピューターへの接続」ダイアログ

これで、先程までの「コンピュータの管理 (ローカル)」のローカルの部分がホスト OS のコンピューター名に変わり、ホスト OS の操作ができるようになる。

共有フォルダを作成するには、ホスト OS に接続した「コンピューターの管理」を使って [システムツール - 共有フォルダ— - 共有] を右クリックして、開かれるコンテンツメニューで [新しい共有(S)…] を実行すればいい。

「コンピューターの管理」で新しい共有の作成

ホスト OS に接続してからの操作は、ローカルに対して行うのとほとんど変わりはない。

「ホスト OS に若干の設定を追加 [Install Maniax 3]」への1件のフィードバック

  1. windows 8をみたいので英語ばっかり困っていますが一応日本語があれば買ううもりです。
    試してくれますか?

コメントを残す