(続、というか訂正) ubuntu server でキーボードの種類を変更するための備忘録

2009.11月20日に、備忘録として ubuntu 9.10 server edition でキーボードの種類を変更する方法を書いた。(あれから、二十日間も記事を書いてないのか orz)

その記事で以下のコマンドを実行して表示されるダイアログで、キーボードの種類を選ぶと書いたが、そこで選ぶべきキーボードが間違っていた。
「日本語 106/109 キーボード」を使うためには、[Select keymap from arch list → qwery → Japanese → PC100] と選ぶのが正しい。

sudo aptitude install console-data
または
sudo dpkg-reconfigure console-data

しかし、[PC 110] と [Standard] の違いは結局何なのだろうか。

関連記事

  • ubuntu server でキーボードの種類を変更するための備忘録2009.11.20 (金) ubuntu server でキーボードの種類を変更するための備忘録 VMware Prayer に ubuntu 9.10 server editon をインストールしたところ、キーボードの種類が「英語 101/102 キーボード」として認識されてしまった。 […]
  • SPF を使うならサーバー更改時にもきちんと追従しようよ2010.1.27 (水) SPF を使うならサーバー更改時にもきちんと追従しようよ しばらく前から spam メールやフィッシングメールの対策として SPF を利用しているところが増えている。 しかし送信元メールサーバーのリプレースなどをしたときに、それに合わせた SPF レコードの更新を忘れているなんてことはないだろうか。 […]
  • SPF を使うなら part32010.4.2 (金) SPF を使うなら part3 2ヶ月ほど前に引き続き、つい最近もメールが正しいメールサーバーから送られてきたことを保証する仕組みである SPF が正しく設定されていないという記事を書いたばかりだが、さらに別のメールマガジンでも問題を見つけてしまった。 今回は先の 2 […]
  • SPF を使うなら part22010.3.28 (日) SPF を使うなら part2 ほんの 2 ヶ月ほど前に「SPF を使うならサーバー更改時にもきちんと追従しようよ」という記事を書いた。 某社サポートサイトで登録サイトを変更したときに送られる通知メールが、自らが指定した正しいメールサーバーから送信されてないために、spam […]

コメントを残す