XP Mode (Virtual PC 7) で自動公開

Windows が XP から Vista にグレードアップしたときの、OS の内部構造の変更や、フォルダ (特に %ProgramFiles%) の利用に関する制限が厳しくなったことなどにより、アプリケーションの動作に関する互換性が若干失われている。
これを理由に XP から Vista への移行がなかなか進まなかったと言われている。

Windows 7 ではアプリケーションの動作に関する互換性の不安を少しでも和らげるために、XP Mode という名称で Virtual PC と Windows 7 のライセンス内で自由に使える Windows XP の仮想マシンイメージが提供されている。
XP Mode について詳しい説明は、Microsoft の Web サイトにある「Windows Virtual PC(当時の Web ページは消滅。レイアウトは崩れるが Web アーカイブに痕跡あり) のページに譲ることにしよう。

さて、この XP Mode のために提供されているかのような Virtual PC だが、当然ながら Virtual PC 本来の機能がそのまま使える。
Virtual PC 2007 と比べると見た目が大きく異なってはいるが、Virtual PC 本来の機能、すなわち仮想マシンを作成してその環境でゲスト OS を動作させられるという点については何ら変わることはない。

ところで、XP Mode の謳い文句のひとつに、ゲスト OS にインストールしたアプリケーションをホスト OS のスタートメニューに取り込む「自動公開」という機能がある。
この「自動公開」という機能、実は XP Mode の専売特許ではなく、Virtual PC と RemoteApp の組み合わせによって実現されている機能になる。

つまり、Virtual PC のゲスト OS で RemoteApp を有効にすれば、XP Mode の仮想マシンでなくても、「自動公開」を活用できるということだ。
今のところ、「自動公開」を活用できるゲスト OS は Windows XP with SP3 と Windows Vista with SP1 の二種類だけで、どちらも 32bit 版に限られている。
今後これらの OS 以外で「自動公開」が有効にできるようになる可能性はほとんど無いと思われる (XP SP3 や Vista SP1 より以降の SP は上記に含まれていることになっている)。

Windows XP with SP3 や Windows Vista with SP1 を Virtual PC のゲスト OS にしたときに、「自動公開」を有効にするために必要な RemoteAPP の更新プログラムは、それぞれ「RemoteApp™ を有効にするための Windows® XP SP3 用の更新プログラム (KB961742-v3)(当時の Web ページは消滅。レイアウトは崩れるが Web アーカイブに痕跡あり) と「 RemoteApp™ を有効にするための Windows® Vista SP1 以降用の更新プログラム (KB961741)」から入手できる。

「RemoteApp による『自動公開』」という機能は、これを有効にしたゲスト OS が「シャットダウン」するタイミングで、ゲスト OS のスタートメニューに登録されているショートカットを、ホスト OS のスタートメニューに登録するという機能である。
ホスト OS に登録された、「ゲスト OS のスタートメニューのショートカット」をクリックして実行すると、ゲスト OS が立ち上がりそのショートカットから呼び出されたアプリケーションのウィンドウだけが表示されるようになっている。

言葉で書くと分かりにくいかもしれないが、これについては XP Mode について書かれた他の Web サイトの記事を読んでほしい。
XP Mode と称して、RemoteApp の動作について紹介した記事が多数公開されているはずだ。

なお、ゲスト OS にアプリケーションをインストールしただけでは、ホスト OS のスタートメニューにショートカットが現れたりはしない。
「自動公開」の機能は、ゲスト OS がシャットダウンするタイミングで、ゲスト OS のスタートメニューを調べて、ホスト OS にショートカットを作成するようになっている。
逆に言えば、「自動公開」が有効になっていないときにインストールしたアプリケーションであっても、「自動公開」を有効にしてゲスト OS を立ち上げ、シャットダウンすればホスト OS に登録されるということだ。

もうひとつ「自動公開」で注意しなくてはならない点がある。
それは、ゲスト OS にインストールしたアプリケーションが登録するスタートメニューのショートカットが All Users でなくてはならないということだ。
インストールするアプリケーションによっては、ログオンしているユーザーのスタートメニューにショートカットを登録するものがある。
こういったアプリケーションの場合は、インストール後、シャットダウンする前に、ユーザーのスタートメニューから All Users のスタートメニューにショートカットを移動しておく必要がある。

コメントを残す