XenServer 5.5 が出たのでアップグレードしてみた....が

2009.6月16日 (米国時間、日本では17日) に XenServer 5.5 がリリースされた。
早速、Citrix のサイト (当時の Web ページは消滅。レイアウトは崩れるが Web アーカイブに痕跡あり) からダウンロードして、先日インストールした XenServer 5.0 をアップグレードしてみる。

インストールメディアの入手

まずは、XenServer 5.0 のときと同様に、XenServer 本体のインストール CD イメージ (FREE_XenServer-5.5.0-install-cd.iso) と Linux Pack の CD イメージ (FREE_XenServer-5.5.0-linux-cd.iso)、そして XenCenter のインストーラー (FREE_XenServer-5.5.0-XenCenter.msi) の三つをダウンロードする。
そして、ダウンロードしたXenServer 本体のインストール CD イメージとLinux Pack の CD イメージのふたつを、CD-R に書き込んでおく。

XenCenter のアップグレード

まず最初に、XenCenter をアップグレードする。

XenCenter のアップグレードは一般的な Windows アプリケーションと同じで、難しく考えることなく、単にダウンロードした XenCenter のインストーラーを起動するだけで良い。
新規インストールのときと同じ手順で進めていけば、何事もなくアップグレードされる。

アップグレードが終わったら、確認のため XenCenter を起動してみる。
XenServer の方はまだアップグレードしていないので、5.0 のままだが、何の問題もなく接続できる。

XenCenter 5.5

XenCenter 5.0 と比べて、若干見やすいレイアウトになった気がする

XenServer のアップグレード

続いて XenServer をアップグレードする。

先ほど CD-R に書き込んだ XenServer のインストールディスクを、XenServer を動かしている PC の CD/DVD ドライブに挿れて、XenServer を再起動させる。
XenServer のインストールディスクを使って、PC が再起動してきたら、後の手順は XenServer を新規にインストールしたときとほとんど同じだ。

ドライバの読み込みの後、キーボードの種類を選択したら、「Welcome to XenServer」ダイアログで「Install or upgrade XenServer Host」を選択する。
そして、ハードディスク消去の警告と、ライセンスの確認と続く。

ライセンスの確認が済むと、次に新規インストールのときには表示されなかった「Installation Type」ダイアログが表示される。
ここで「Upgrade XenServer v5.0.0-13192p on /dev/sda1」を選択して、既にインストールされている XenServer のアップグレードを指定する。

Installation Type ダイアログ

アップグレードを指定して次に進むと、「Back-up Exsiting Installation」ダイアログが表示される。

Back-up Exsiting Installation ダイアログ

XenServer はシステムや管理情報 (メタデータ) が保存されるディスクパーティションと、ゲスト OS などのデータが保存されるディスクパーティションが明確に分離されている。
アップグレード時には、この内のシステムや管理情報が保存されるディスクパーティションが、そのままバックアップされるようになっている。
しかしこのバックアップは一世代だけしかとられず、この「Back-up Exsiting Installation」ダイアログより先に進むと、今まで稼働していた XenServer のシステムや管理情報で上書きされる。

Back-up Exsiting Installation」ダイアログで「Continue」をクリックすると、今まで稼働していた XenServer のシステムや管理情報のバックアップが開始され、進捗状況を示すダイアログが表示される。

バックアップの進捗状況

バックアップが終わると、続いて XenServer のアップグレードが始まる。
Base Pack のインストールが終わると、Linux Pack の CD に入れ替えるように促されるので、その指示に従って CD に入れ替えるて、Linux Pack のインストールを行う。

Base Pack と Linux Pack のインストールが終われば、XenServer を 5.5 にアップグレードする作業は終わりだ。
後は、画面の指示に従い CD/DVD トレイに残っている CD を外して、再起動するだけでいい。

5.5 になった XenServer を起動すると

さて、アップグレードされた XenServer 5.5 を再起動すると、5.0 のときと同様に XenServer のコンソール画面が表示される。

よし!! 無事に 5.5 にアップグレードできた!!
と思ったのもつかの間、XenServer のコンソール画面が表示されて 10 秒も経つと、なにやら XenServer が終了し、再起動されてしまう。

以下 何度でも、起動 → XenServer コンソール画面表示 → 10 秒程度でシャットダウン → 再起動 → XenServer コンソール画面表示 を繰り返す。

多分、起動時のカーネルパラメーターを調整すれば何とかなるのだろうが、こうも再起動を繰り返されると何が原因なのか調べるにも、どうにも手間が掛かりすぎる。
困ったものだ。

関連記事

  • 泣く泣く XenServer をダウングレード2009.6.19 (金) 泣く泣く XenServer をダウングレード 先日、XenServer を 5.0 から 5.5 にアップグレードしたが、何故か再起動を繰り返すという意味不明な動作をするようになってしまった。 この XenServer 上にバックアップをとっていないゲスト OS […]
  • こんどは ubuntu を XenServer に入れる2009.6.15 (月) こんどは ubuntu を XenServer に入れる 先日から評価している XenServer に今度は linux 系 OS を入れてみようということで、ubuntu のバージョン 9.04 を入れることにする。 といっても、linux 系 OS に GUI […]
  • XenCenter 5.5 日本語版リリース2009.7.29 (水) XenCenter 5.5 日本語版リリース Citrix の Blog にて告知有り。 入手には My Citrix のアカウントが必要 (無料、無保証なのだから、個人情報を曝さずに入手できないものかなぁ。) 具体的な入手方法も、上記 Blog […]
  • 今度こそ XenServer にゲスト OS をインストール2009.6.9 (火) 今度こそ XenServer にゲスト OS をインストール XenServer をインストールし、その後 アクティベーションを行い、今度こそゲスト OS をインストールしよう。 …と思ったのだが、その前にもう一つ。 インストールするゲスト OS のインストールメディアを用意しておこう。 ISO […]

コメントを残す