こんどは ubuntu を XenServer に入れる

先日から評価している XenServer に今度は linux 系 OS を入れてみようということで、ubuntu のバージョン 9.04 を入れることにする。
といっても、linux 系 OS に GUI インターフェースを要求しない人種なので、インストールするのは Server Edition になる。

手順自体は、先に行った Windows 7 をゲスト OS にインストールしたときと大差無い。
XenCenter の [Server – New VM...」メニューをクリックするか、左側のサーバーペインに表示されているサーバーを右クリックして表示されるコンテンツメニューから [New VM...] メニューをクリックするところから始まる。
ただし、今回インストールする ubuntu 9.04 server edition (amd64) のためのテンプレートは用意されていないため、「Other install media」を選ぶことにする。
また、インストールメディアを選ぶダイアログでは、ubuntu 9.04 server edition (amd64) のインストールメディアを iso 形式にしたイメージファイルを選択する。

テンプレート選択ダイアログ CD/DVD 選択ダイアログ

後は仮想ディスクと仮想ネットワークを割り当てて、作成された仮想 OS を起動すれば、ubuntu 9.04 server edition (amd64) のインストールメディアを iso 形式にしたイメージファイルを使って起動してくるので、普通に ubuntu をインストールすればいい。

一説によると「Windows Server 2003 x64」や「Windows Server 2008 x64」のテンプレートを選んで、ゲスト OS の環境を作成した後に、ゲスト OS を ubuntu の ISO イメージを使って CD/DVD ブートしてインストールし直す方が良いと後で知ったが、試してはいない。
ubuntu インストール後の XenCenter

なお、ubuntu 対応した XenServer Tools は提供されていないので、XenCenter で確認すると「XenServer Tools not installed」の文字が赤く表示される。
残念なことに完全仮想化環境で動作しているのだと思われる。

コメントを残す