Compnet

仕事とか遊びとか、日々折々


2017-05-06(土)

Azure のリソース毎の課金額を確認する方法

Posted by Nakane, R. in technical   

某 SNS で Microsoft Azure で仮想マシンを使ったときの請求額が料金計算ツールでの計算額よりも大きいという話がありました。

Microsoft Azures

どうやら料金計算ツールで仮想マシンのコンピューティング時間だけを計算して、それ以外のリソースに掛かる料金を失念していたようです。 確かに料金計算ツールでは、仮想マシンを動かすときにコンピューティング時間以外にさまざまなリソースが一緒に使われることが分かりません。 この点は今後の改善点としてマイクロソフトに期待したいところです。

しかしながら、料金計算ツールが改善されてあるリソースを使うときに共に必要になるリソースが表示されるようになったとしても、ストレージ容量・アクセス量、Azure サイトからのアウトバウンド パケット数など、実際に使ってみないことにはどの程度の使用量になるか分からないリソースも多くあります。 こういったリソースについては、仮想マシンを立てて、使いながら実際の使用量を経験的に覚えていくしかありません。

そこで確認の意味を含めて、Microsoft Azure で実際に使ったリソースおよび、その使用量と課金額を知る手順を記しておきます。

Read more...


2017-01-16(月)

YAMAHA RTX で Azure と VPN 接続する

Posted by Nakane, R. in technical   

インターネット接続や拠点間を繋ぐ VPN 接続などで利用するブロードバンド ルーターとして、大抵の場合、筆者は YAMAHA RTX シリーズを提案しています。 廉価な割に高い性能と壊れにくさがあり、更に古い機種にまでファームウェアを無償で提供していただけたり、ユーザー同士の活発な交流の場の存在など、総合的な安心感がその理由です。 無線 LAN アクセスポイントや L2 スイッチのラインナップも少しずつですが充実しつつあり、中小企業向けのネットワーク機器の全てを YAMAHA 製品だけで提案できるようになるのもそんなに遠い時期では無いのでは、と考えたりするくらいです。

とまあ、ヤマハ サウンドネットワーク事業部の太鼓持ちはこれくらいにして、本題の YAMAHA RTX シリーズで Microsoft Azure の仮想ネットワーク ゲートウェイへの接続を試みた結果を、ここに記録しておきます。

Read more...


2015-08-28(金)

Azure ポイント対サイト (P2S) 接続が自己署名証明書な理由の推測

Posted by Nakane, R. in technical   

Note

この記事は旧ブログから移行した記事です。 元記事は ここ にあります。

先の記事で、Azure の仮想ネットワークにポイント対サイト (P2S) 接続するときに必要になる、ルート証明書とクライアント証明書の作り方を書いた。 そこで Azure の P2S 接続につかう証明書は「自己署名証明書が推奨」されており、商用認証局で購入した者ではセキュリティ的に問題が生じると記した。

筆者個人の推測ではあるが、ここにその理由を述べる。

Virtual Network

Read more...